1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ママ振袖】お母さんの振袖を着る時にチェックすべきポイント

【ママ振袖】お母さんの振袖を着る時にチェックすべきポイント

ママの振袖(お母さんの振袖)を着せたいと思って貰ったら、まずは振袖の所在を確認して状態をチェックします。長年タンスにしまったままになっている振袖は様々な所が劣化している可能性がありますので、このチェックが重要です。しかし多くの方が、畳めない事には開いてみるのも・・・と思われると思いますので、その点も含めご自身で振袖をチェックする時のポイントを解説をしていきたいと思います。

たとう紙の状態から確認しましょう。

振袖をいれてある『たとう紙』ですが、和紙で出来ているものやコピー用紙のようなもので出来ているものなど様々です。和紙で出来ているものですと、湿気を吸収し放出してくれる役目を果たしているので、ある程度の場合は大丈夫かと思いますが、茶色はんてんが見える場合はカビている可能性がありますので、まずはそれを外して使わないようにしましょう。

またコピー用紙のようなもので出来ている場合は湿気をあまり吸ってくれないので逆にいうと中にこもっている可能性があります。その場合は紙には異常が出ていない場合がありますが保管状態としてはあまり好ましくないと思います。

振袖が汚れていないかをチェックしましょう。

振袖を羽織る前に、汚れの状態をチェックしていきましょう。これは全体的に見ていく必要がありますが、ポイントとしては衿⇒胸元⇒帯の下に来る部分⇒上前(柄が一番多く出ている部分)⇒裾⇒袖の順番で見ていくと良いかと思います。汚れを見つける時は、色が変わっている所を見ていくと良いと思いますが、変色している部分はだいたい茶色(黄色)か白か黒になって出てきますので、生地や柄の色を見ながら色の変化が無いかを見ていくと見つけやすいと思います。

続いて裏地です。裏地は、基本的には白色を用いる事が多いですが、全体的に茶色く黄ばんでいる場合もありますが、着れない訳ではないのでご安心ください。

襦袢や帯が汚れていないかをチェックしましょう。

襦袢は着物と同じような手順で進んでいけば概ねの汚れは見つける事ができると思います。この時に衿がついているのかどうかも見ておくと良いと思います。また帯については織の中に汚れが入ってしまっていると見えにくくなっている場合があるので表・裏も合わせてみていきましょう。そして最後に、かび臭く無いかをかいでみて下さい。かび臭い場合ですと表面は大丈夫でも中の芯がダメになっている場合がありますので注意が必要です。

以上のような感じで振袖の状態をチェックしておくことで、手入れの相談に行った時にスムーズにお話をする事ができます。また、きつい汚れがあったとしても大抵の場合は何らかの処置ができますので、あきらめずまずは相談をして頂くのが良いと思います。

羽織ってみてサイズを計ってみよう

振袖を羽織ってサイズがだいたい大丈夫なのかを見ていきます。まずは裄(腕の長さ)です。腕の長さをチェックする時は羽織った振袖を着物を着るように合わせて貰って、腕を斜め45度にした状態で手のぐりぐりの部分ぐらいまで生地が来ているかがチェックポイントです。

続いて丈(身長に合うか)です。振袖を着せる時にはおはしょりを作って着せますので、着丈よりもだいたい30cmぐらい長いと良いと思います。こちらについては、先程と同じように前で合わせた時に裾を30cm程度引きずる状態であればOKです。

裄も着丈も、どちら共に言える事ですが、短かったり長かったりしてもあきらめないでください。仕立て方や着せ方である程度は着ていただけるようになると思いますので、まずはご相談頂ければと思います。

振袖・襦袢・帯の畳み方について

振袖の畳み方は以下の動画をご参照下さい

襦袢の畳み方は以下の動画をご参照下さい

帯の畳み方は以下の動画をご参照下さい。

いかがでしたでしょうか?

汚れやサイズは、だいたいこのような感じでチェックをする事ができます。ちなみにご自身で行う自信が無い場合は、その旨をお伝え頂ければチェックだけでもさせて頂きますのでご相談頂ければと思います。

また、取り出そうとした時に生地同士が貼り付いて取れない場合は、箔同士がくっついている可能性がありますので、そのままにしてご相談頂くのが良いかと思います。まずは、振袖の所在地を明らかにしてたとう紙から出してみる所から始めて頂くのが良いと思いますが、その気持ちを持って頂けたら、振袖がどんな状態であっても出来る限り手を尽くしますので、その想いと共にご相談頂くのが良いと思います。

関連記事