1. HOME
  2. ブログ
  3. お宮参り着は誰が買うの?どんなものを買うの?

お宮参り着は誰が買うの?どんなものを買うの?

お子様のご懐妊。本当におめでたい事で、身ごもってらっしゃるお母さまは基よりご主人や両親にとっても本当に幸せな時間だと思います。「早く出ておいで」という思いと共に、出産後の事も色々と考え始めると思います。今回は、出産後に訪れるお宮参りについて解説をしていきたいと思います。

そもそもお宮参りってみんなするの?

ご結婚の際に和装婚を希望される方が増えているのに合わせて、古くからある行事についても目を向けられる方が増えてきているように感じます。特にお宮参りから七五三という成長をお祝いする行事については、一時少なくなっていた時代もありますが最近は写真館などでの撮影だけでもしようという方もいらっしゃるので、多くなっているように感じます。

お宮参りって何をするの?

お宮参りとは土地の神様「産土神(うぶすながみ)」に無事に生まれてきた御礼や健やかな成長をお祈りする為の日本の伝統行事の一つです。基本的には、生活している土地での健やかな成長を祈願するという意味合いが強かったので、近くの神社に行かれるのが良いと思われます。最近では土地の神様だけではなくお子様の将来を考え学問の神様である太宰府天満宮や、出産祈願に伺った水天宮や縁のある神社にお参りされる方も多くいらっしゃるようです。

お宮参りっていつするの?

お宮参りは、男児は31~32日目、女児は32~33日目と言われており、生後だいたい1ヵ月ぐらいを目安に行うのが一般的ですが、最近では産後の肥立ちを考えお母さんとお子さんの1ヵ月健診後の日程を調整される方も多く、その時期の体調や天候を優先されて良いと思います。実際に、北海道や東北等の冬の寒さが厳しい地域は寒い時期を避け暖かくなってから行う場合もあれば、他にも生後30日から100日までの間に行う地域もあり、合わせてお食い初めを行う事もあるそうです。また、正式なお宮参りの作法では、赤ちゃんを抱くのは父方の祖母とされていますので、ご一緒になさる場合は、そのスケジュール調整も重要なポイントだと思います。

お宮参りには何が必要なの?

お宮参りの際には、男女ともに羽二重の一つ身(お宮参り着)を着せるが一般的です。最近では、お宮参り着の下にはベビードレスやカバーオール等を着られる事も多くありますので、お宮参り着と共に検討されると良いと思います。

お宮参り着は誰が買うの?いつ頃買うの?

こちらも良く頂く質問の一つです。セオリー通りの回答をするのであれば、これまでは母方のご両親が準備するというのが全国的に多かったです。しかし、最近では男の子が生まれた場合は父方のご両親がお越しになる事が多く、女の子の場合は母方のご両親がお見えになる事が多いように感じます。地方の独特の文化だったものが、様々な所で暮らすようになったことで、地方独自のルールが混在しているというのが一番の理由のように感じます。その点を考えると現代では準備したい方が準備するというのが通例のように思いますので、夫婦で相談した上でご両親にご相談やお願いをされるのが一番よいかと思います。また購入時期についてはお子様が生まれる2ヶ月か1ヵ月前にお越しになる事が多いです。

お宮参り着っていくらぐらいするの?お宮参り着の相場は?

お宮参り着は大きく分けると、絹製(正絹)とポリエステル製の二種類あります。費用の相場はポリエステルが2万円台からで正絹が5万円代からが一般的だと思います。また、高い物では10万円~30万円ぐらいのものもあります。また最近ですと写真館でのレンタル等もありレンタルですと写真代にセットの所もあれば5,000円から10,000円ぐらいで貸し出ししてくれるところもあるそうです。ちなみに、1歳のお餅踏みや3歳からの七五三など着用機会を考えて以前よりも購入される方が増えてきているように感じます。

お宮参り着はどんなものを買えば良いの?(男の子)

男の子のお宮参り着は、黒だけではなくグリーンやグレーなど色は様々あります。文様も様々あり、大半は兜の文様か鷹の文様です。それ以外でも様々な文様がありますので、文様の意味なども含めて検討されるが良いと思います。

兜の文様

勇壮活発な武将のイメージを身にまとう事で魔除けの意味や勇壮になってほしいという願いを込めて作られた文様と言われております。

鷹の文様

支配者の権威の象徴。先を見通す力や物事の本質を見抜く鋭い目等を持ってほしいという願いを込めて作られた文様と言われております。

宝尽くし

吉祥文様の一つで宝物を集めた文様。蓑はわざわいから身を隠し、丁子の柄は円満な人間関係、打ち出の小槌は願いを叶える、宝袋は文字通り宝が入っており、宝鍵の文様は切り拓くや宝を授かる等の意味合いがあらいます。宝尽くしには様々な文様が描かれており、全方位的に幸せになってほしいというような願いが込められていると言われております。

上記のような象徴的な文様に合わせて雲取り(繁栄の意味)や天井格子(権威の象徴)等が描いてあります。

特に兜と鷹は一番多く、宝尽くしやその他の文様は生産数も少ないのでその点も考えながら選ばれるのも良いと思います。

お宮参り着はどんなものを買えば良いの?(女の子)

女の子の一つ身も赤だけではなく、オレンジやピンク、薄紫色など色柄も様々です。

毬文様

幼くしてお嫁入りしていた平安時代から続く文様です。お嫁入りしても寂しくないようにという願いを込めて一人で遊べるようにとこの文様が描かれたと言われておりますが、現代では、穏やかな平穏な暮らしへの願いを込められて制作されていると言われております。

鈴文様

鈴の音は、魔を追い払うという風に古来より言われており、魔除けの意味でこの文様が使われることが多くございます。また拝殿の際にも鈴を鳴らすように、神様へのお知らせの意味も込められており非常に適した文様の一つだと思います。

鼓文様

美しくなる鼓は、その言葉通りに「美し成る」という意味合いが込められているそうです。また、成るという言葉から物事を成し遂げる意味もあるそうです。

上記のような象徴的な文様と合わせて、桜(物事の成就)や松竹梅(忍耐、節操の意味)等が描いてあります。

いかがでしたでしょうか?

最近見直され始めている日本の伝統文化や和装。お子様の成長のお祝いでもあらいますので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事